その他

【その他】シンガポールが日本の漫画フェスティバルを主催

 ≪地元メディアの反応≫
日本の文化や産業を紹介・促進するイベント「JAPAN国際コンテンツフェスティバル(CoFesta)」の一つである“漫画フェスティバル”が、シンガポールで開催された。このフェスティバルはバレンタインデーの後、2月15日から17日までの3日間で行なわれ、日本漫画の展示、講演会..

【その他】楽天、シンガポールを拠点に東南アジアで拡大することを計画

 ≪地元メディアの反応≫
日本の電子通商大手である楽天株式会社(JSD:4755)は、シンガポールのOne George Street に東南アジア地域本部を設立した。この新事務所では、マーケティング及び地域の拡張などを含む、楽天のアジア太平洋事業を担う予定である。楽天は日本以外に台湾、マレーシア..

【その他】ハイフォンの産業は日本が支援している

 ≪地元メディアの反応≫
外国投資庁の統計によると、昨年ベトナムハイフォンは総額11.7億ドル(約1,050億円)もの外国直接投資(FDI)を集めており、そのうちのほとんどが日本企業からの出資であるというから驚きである。更に、この投資金額はホーチミン市の11.2億ドル(約1,010億円)とハノイの..

【その他】日本は、タイへ継続的な産業提携という「安心」を与える

 ≪地元メディアの反応≫
2011年にタイを襲った、洪水は現在も深刻な影響下にある。このとき日系企業も、例に漏れず、工場に甚大な被害を受けたが、タイ日本貿易振興機構理事長の横尾英博氏は、撤退ではなく、今後も、タイと協力して続けていくとブンソン・テリヤーピロム商務大臣との面会後、に明らかにしている。..

【その他】花王、海外発展の強化を視野に入れベトナム事業拡大を狙う

 ≪地元メディアの反応≫
花王株式会社(以下:花王)は、国内人口の減少に伴い、海外での発展を強化するため「ベトナムでの事業を2~3倍に拡大する。」と、澤田道隆社長はインタビューで意気込みを語った。この他にも、ベトナムでの会社経営強化の為、東南アジアに新工場を建設する可能性があることも挙げている。し..

【その他】三菱商事が世界的な金属取引事業本部をシンガポールに移動

 ≪地元メディアの反応≫
三菱商事は、コスト削減のために、金属取引事業本部業務を海外企業に転移し、シンガポールに世界的な金属取引事業本部を構える方向のようだ。4月から営業を開始し、金属•鉱業権取引、新興市場やアジア需要における本社機能となるそうだ。

三菱商事が海外に主力本社機能を移転し運営を..

【その他】日立、中国市場における家電製品高付加価値戦略を推進

 ≪地元メディアの反応≫
日系家電製品企業にとって、2012年の中国の家電製品市場は大変難しい一年となった。上海日立家用電器有限公司(Shanghai Hitachi Household Appliances Co., Ltd.)の中国地域の冷蔵庫、洗濯機、及び小型家電製品を担当する長郭田剣氏(家..

【その他】中国でJ-POPカラオケを楽しむ事ができなくなる?!

 ≪地元メディアの反応≫
以前より上海で「オタク」と呼ばれる人々に人気のカラオケ店、「YOUGA」が、今月末に上海から撤退することになった。
愛好家は口々に、
「一度しか行ってないのになくなってしまうなんて、これからはどうしたらいいの?」
「最悪だ。」
「オタクはこれからどこで歌えばいいん..

【その他】日本中規模企業1,000社がタイへ新規参入を計画

 ≪地元メディアの反応≫
カシコン銀行(以下:KBank)の取締役副社長Songpol Chevapanyaroj氏は、今年中に1,000社以上の日本企業がタイでビジネスや投資を開始すると歓喜の声を上げている。企業別の投資規模は170万ドル~330万ドルを想定しているとのことだ。
KBankは日..

【その他】三越伊勢丹がインドネシア参入へ

 ≪地元メディアの反応≫
株式会社三越伊勢丹ホールディングスは2015年にインドネシアに参入、ジャカルタで伊勢丹アウトレットの出店を検討しているそうだ。

三越伊勢丹側は、東南アジアで最大の2億超人口を抱えるインドネシアの急速な経済成長を評価し、有望な市場として期待できると述べており、近いうち..

			

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM-Grec-Co.Ltd_.-–-About-Us
masaaki hirata