IT・通信

【IT・通信】LINE株式会社が開発したLINEスタンプ、北京・上海で公式キャラクターグッズの販売を開始


≪地元メディアの反応≫
Tencentの技術ニュースのウェブポータルの報告によれば、アジアで人気のインスタントメッセンジャー『LINE』は、北京と上海で人形や玩具、文房具などといった、スタンプに使われているオリジナルキャラクター公式グッズの販売を先月開始した。
北京の三里商業地区で若者に人気..

【IT・通信】日本のKDDIと住友商事がミャンマーの携帯電話市場に参入

≪地元メディアの反応≫
KDDIと住友商事が、ミャンマー郵電公社(MPT)と交渉を進めていた同国での携帯電話合弁事業で合意したことが、7月15日に分かった。16日には契約書に署名する見込みだ。ミャンマーの携帯電話市場への進出を行う初めての日本企業となる。



KDDIと住商はMPTとの合..

【IT・通信】楽天株式会社が「RIDOC」を設立、インドの電子商取引市場で多くの企業競争が始まる

≪地元メディアの反応≫
日本のeコマース大手企業、楽天株式会社は米ITコンサルティング会社PROLIM Global Corporationと連携し、インドのバンガロールを開発拠点とし「Rakuten India Development and Operations Center (RIDOC)」..

【IT・通信】インターネット通販大手「楽天」、いよいよインド市場に参入か

≪地元メディアの反応≫
株式会社楽天(本社:東京、以下:楽天)は今後6~8ヶ月の間にインド市場に参入する可能性があるという。インドのeコマース市場は6,200億ルピー(約1兆600億円)規模と急成長を遂げており、市場開拓を狙っているようだ。


なかでも、旅行業務において展開をしていきたい考..

【IT・通信】enishが中国にゲームアプリ開発の子会社を設立しサービス拡大を目指す

≪地元メディアの反応≫
日本のゲームアプリの企画開発運営の株式会社enish (エニッシュ)(本社:東京、以下:enish)は、上海市楊浦区にゲームアプリの開発などを手掛ける全額出資子会社を設立したと発表した。
 

代表取締役社長には、enishの代表 安徳孝平氏が就任した。
 
中国..

【IT・通信】SONYがインドのスマートフォン市場でAppleを抜いてシェア率第2位を獲得

≪地元メディアの反応≫
日本のソニー株式会社(本社:東京、以下:SONY)はインドのスマートフォン市場におけるシェアで、Appleを抜いて2位を獲得したことを発表した。また、1位はSAMSUNGとのこと。今回は2位のSONYだが、現在も驚異的な伸びを続けているようだ。
 

 
インドスマ..

【IT・通信】電通イージスがベンチャー企業「Verawom(ベラウォム社)」を買収

≪地元メディアの反応≫
株式会社電通(以下:電通)の海外本社である「電通イージス・ネットワーク」(電通:イージス)は中国の大手ソーシャル・クリエーティブ・エージェンシー「Verawom」(本社:上海市、以下:ベラウォム社)を買収したと発表。電通イージスのグローバルデジタルエージェンシー「Isoba..

【IT・通信】楽天が登録ユーザー3億人の「Viber」を買収

≪地元メディアの反応≫
日本最大のオンラインショップを運営する楽天株式会社(以下:楽天)は、無料通話・メッセージサービス「Viber(バイバー)」を提供するキプロスの「Viber Media Ltd.」の買収を発表。Viberの登録ユーザー数は約3億人、世界193ヶ国・地域で展開しており、「LIN..

【IT・通信】スカパーJSATが「WAKU WAKU JAPAN」を開局

≪地元メディアの反応≫
スカパーJSAT株式会社(本社:東京、以下:スカパーJSAT)はインドネシアで24時間放送の衛星チャンネル「WAKU WAKU JAPAN」を開局し、日本のコンテンツを全て現地語で放送するという。

インドネシアでは 日本の食べ物、ドラマ、マンガ、そして伝統文化に関心を..

【IT・通信】KDDIと住友商事がミャンマー携帯電話事業参入か

≪地元メディアの反応≫
KDDI株式会社(以下:KDDI)と住友商事株式会社(以下:住友商事)はミャンマー郵電公社(以下:MPT)との業務提携において独占交渉権を獲得したと発表。MPTはミャンマーの携帯電話事業を独占しているが、2013年の普及率は11.7%の約760万人に留まっており、普及率を更..

			

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata