その他

【その他】鉄道貨車リース事業に日本の三井住友銀行が参入

≪地元メディアの反応≫
シカゴに拠点を置くペレラ・ワインバーグ・パートナーズは、11億ドル(約1,100億円)で鉄道貨車リース業を行うフラッグシップ・レール・サービシーズ(以下:フラッグシップ)を日本の株式会社三井住友銀行(以下:三井住友銀行)に売却したと発表。
フラッグシップは2006年に設立..

【その他】日本連合5社がエコビックス・エンジェビックスに資本参加

≪地元メディアの反応≫
三菱重工業株式会社(以下:三菱重工業)をはじめとする日本連合5社がブラジルの大手造船会社Ecovix-Engevix(以下:エコビックス・エンジェビックス)に資本参加することで合意、株式30%を3億500万ドル(約300億円)で取得したと発表。

出資する他4社は今治造..

【その他】酉島製作所がポンプの保守メンテナンス工場を開設

≪地元メディアの反応≫
ポンプ大手の株式会社酉島製作所(本社:大阪、以下:酉島製作所)はインド南部カルナタカ州バンガロールにポンプの保守メンテナンス工場を開設。
酉島製作所は2007年以降、約300台のボイラー循環ポンプを受注、その納入したポンプは火力発電所で重要な役割を果たしており、新設された..

【その他】富士ゼロックスが需要拡大に対応するためベトナムに新生産拠点を設立

≪地元メディアの反応≫
日本の機械メーカーである富士ゼロックス株式会社(以下:富士ゼロックス)はベトナム北部ハイフォン市に90億円を投資しグローバル市場の需要拡大に対応するため新会社「Fuji Xerox Hai Phong Co., Ltd.」(富士ゼロックスハイフォン)を設立。
ハイフォン市..

【その他】清華大学と堀場製作所が協力し「PM2.5」対策に挑む

≪地元メディアの反応≫
日本の分析・計測機器総合メーカーの堀場製作所(本社:京都)は清華大学と協力して大気や水の汚染防止と環境技術研究を進めていくとのこと。小さな粒子状物質「PM2.5」の一般的な原因の測定可能な分析装置を共同で開発、今年中には北京で実証実験を開始する。
北京での大気汚染は深刻で..

【その他】三菱電機がジャカルタに子会社新設、成長市場でのシェア獲得なるか

≪地元メディアの反応≫
日本に拠点を置く三菱電機株式会社(以下:三菱電機)はインドネシア市場シェア獲得に向け子会社となる「三菱電機インドネシア」の設立を発表。三菱インドネシアは今後数年間で600億ルピア(約5億3,000万円)を投資、年間1兆ルピア(約90億円)の売上を目指すという。

600..

【その他】富士ゼロックスがタイの経済成長の波に乗り市場獲得を目指す

≪地元メディアの反応≫
富士ゼロックス株式会社(以下:富士ゼロックス)は今年4月にミャンマーに支店を開設、タイ市場でのプリンターをはじめとする他のドキュメント関連製品において30%シェア獲得を目標にし、さらに事業拡大を進めていきたい考えであるという。

富士ゼロックスの代表取締役山本忠人氏は「..

【その他】日本の大手衛生用品メーカーのユニ・チャームが新工場建設へ向け動き出す

≪地元メディアの反応≫
日本で衛生用品を取り扱うユニ・チャーム株式会社(以下:ユニ・チャーム)が、スリランカ市アンドラプラデシュのチットゥール地区の経済特区で、新工場建設へ向けて準備を開始したとのこと。この工場建設のため約25億インド・ルピー(約40億円)が段階的に投資され、初期の予定では2015..

【その他】東レが韓国で最先端プラスチック工場建設、需要拡大を狙う

≪地元メディアの反応≫
日本の東レが韓国子会社である「東レ尖端素材株式会社」(以下:東レ尖端素材)において電気自動車や航空機に使用されるポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂が生産できる工場を建設するため3,000億ウォンを投資すると発表した。
東レ尖端素材の会長である李泳官氏は「韓国南西部全..

【その他】JTが日本たばこの認知度を高めるため、アジア最大の市場に挑む

≪地元メディアの反応≫
販売数世界第3位の日本たばこ産業インターナショナル(JTI)は市場獲得に向け、強力な基盤をインドネシアで構築しようとしている。JTIインドネシアのゼネラルマネージャーは、「インドネシアの市場はJTIにとって非常に魅力的であり、高品質な製品やサービスの需要も高まっている。 J..

			

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata