ベトナム

日系企業15社、生産拠点を中国からベトナムに移転へ


≪地元メディアの反応≫

日本政府は、サプライチェーンを多様化するため、およそ700億円(約670百万米ドル)を補助する方針を固めた。補助金を受ける日系企業15社が製造工場を中国からベトナムに移す見込みだ。


ベトナム

日本経済産業省(METI)は、補助金を受け取る87社のリストを発表した。30社は生産拠点をベトナムやラオスを含む東南アジアに移転し、57社は日本への国内回帰だ。

 

この政策は、サプライチェーンの中国への依存度を低下させることを目的としているという。

 

一方、日本貿易振興機構(ジェトロ)が発表した、中国から東南アジアに工場を移転する30社の日系企業の詳細なリストにより、ベトナムへ移転する15社のうち、6社は大手で、9社は中小企業だ。

 

医療機器の製造が大半であり、残りは半導体、電話部品、エアコン、パワーモジュールを製造しているという。特に、HDDの部材であるガラス基板を製造する「HOYA株式会社」は、ベトナムだけでなく、ラオスにも移転する予定だ。

 

ベトナムは、パンデミック終息後外国直接投資を誘致する理想的な国だと考えられている。国内での新規新型コロナ感染は3ヶ月連続でゼロが続いていた。次のステップに進むタイミングが来たかもしれない。

 

 

Trans by Shie