インドネシア

TOSHIBAインドネシア洗濯機工場、12月より稼動開始へ


インドネシア ニュースメディア≪地元メディアの反応≫
現在、株式会社東芝は、インドネシアで設立した洗濯機工場が完成していると発表。東芝社長伊藤真一氏の発言によると、インドネシアで益々拡大している家電ニーズに応える為、約29億円を投資して洗濯機工場を設立した。この新工場は現在350人のスタッフを抱えており、今年12月から二槽式洗濯機を生産しはじめる予定である。

近年、インドネシアの家電市場は注目市場であり、中日韓家電企業がしのぎを削る状況となっている。各国家の家電会社は続けてインドネシアで工場を設立し、製品への投資を強化して、インドネシアでの市場シェアを上げる。東芝の予測では、今後インドネシアの洗濯機市場は年20%の成長率で増加する見込みである。

関連データの統計によると、東南アジアと中東の二槽式洗濯機は総数の約40%を占め、インドネシアでこの割合は70%までに達している。2011年二槽式洗濯機の販売数量は200万台を超え、また今後数年間は続けて高成長トレンドを保持する。東芝はこの大市場を見て、インドネシアで工場を設立することを決め、このきっかけで企業の競争力を高めて、インドネシア洗濯機市場でより高い市場シェアを得ようとしている。(中国家電網)