インドネシア

【インドネシア】建設機械レンタルの「カナモト」、4月からインドネシアで事業開始

≪地元メディアの反応≫
北海道の札幌に本社を置く建設機械リース業大手の「株式会社カナモト」は、海外進出、とりわけ東南アジア最大級のマーケットであるインドネシアへの進出を図るため、今年、最大200万米ドル(約2億3,500万円)を投資するということだ。
 

 
インドネシア進出にあたって「..

【インドネシア】パナソニック、2018年末までにインドネシアの照明事業売上を4倍に

≪地元メディアの反応≫
パナソニック・ゴーベルES販売インドネシア(Panasonic Gobel Eco Solutions Sales Indonesia)社は、インドネシア国内消費者の需要増と建設ブームの波を追い風に、同社の照明事業売上高を2013年の2,400億ルピアから2018年末までに..

【インドネシア】楽天がインドネシアの消費者向け携帯アプリ開発、来年もEコマース市場をリード

≪地元メディアの反応≫
日本のEコマース業界のリーディングカンパニー「楽天」がインドネシアで運営するインターネット・ショッピングモール「楽天ブランジャ・オンライン(Rakuten Belanja Online)」は、急成長するインドネシアのオンライン・ショッピング市場への長期的戦略の一環として来年..

【インドネシア】トヨタは小型車「AGYA」を販売、インドネシアのニーズに合わせ、ASEANでの活躍を見ることが出来るのか

≪地元メディアの反応≫
日本の大手自動車メーカーのトヨタはマレーシアを除いて、タイ、インドネシア、フィリピンを含むASEAN四大市場それぞれのマーケットリーダーと言って良いだろう。
しかし、それは競争の激化、市場でのダイナミクス変化や消費者の嗜好に合わせるなどして、すぐに市場への浸食が出来ること..

【インドネシア】古河電池が自動車用バッテリーの合弁会社を設立、海外の生産拠点はタイに続く2カ国目

≪地元メディアの反応≫
日本を拠点とする電池メーカー古河電池株式会社は、自動車市場が力強く成長するインドネシアでの事業拡大計画の一環として、新たに2,000万ドル(約20億円)を投資する。
 

 
合併会社は古河インドモービル・バッテリー・マニュファクチュアリング(FIBM)と古河インド..

【インドネシア】日本企業の「おもてなし」の精神が海外の顧客の心を熱くする

≪地元メディアの反応≫
日本のクレジット会社のJCBは、インドネシアで顧客がプレミアカードよりも高いサービスを受けることが出来る「プラチナクレジットカード」に着目した、マーケティング戦略を新たなコンセプトに2012年以来、新たな市場開拓を推進している。
 
 
クレジットカードの使用量は年々..

【インドネシア】ヤクルトが健康志向の高まるインドネシアに新工場開設、生産量倍増で好調

≪地元メディアの反応≫
日本の株式会社ヤクルト本社(本社:東京、以下:ヤクルト)の現地法人ヤクルト・インドネシア・プルサダ(YIP)は4月21日、東ジャワ州モジョクルト県で第2工場の竣工式を開いた。
 

 
同工場で生産された商品は主にジャワ島東部、カリマンタン島、スラウェシ島、バリ島へ..

【インドネシア】川崎重工が二輪車の顧客層が拡大しているインドネシアで二輪車生産工場の稼働を開始

≪地元メディアの反応≫
川崎重工業株式会社(本社:東京、以下:川崎重工)は、ここインドネシアの現地法人カワサキ・モーター・インドネシア(KMI)が二輪車を生産する第2工場の稼働を開始したと発表した。
 

 
第2工場では、スポーツモデル「Ninja250SL」と「KLX150」の2機種を..

【インドネシア】資生堂がインドネシア市場でグローバルブランド「SHISEIDO」の売上拡大を狙う

≪地元メディアの反応≫
日本の株式会社資生堂(本社:東京、以下:資生堂)は、インドネシアのコングロマリットであるシナルマスグループ傘下のシナルマス トゥンガル(PT Sinar Mas Tunggal)社と合弁契約を締結。7月より新会社「資生堂コスメティクスインドネシア(PTShiseido Co..

【インドネシア】三井住友銀行がインドネシアの銀行に追加出資、今後の経済成長に期待

≪地元メディアの反応≫
日本の大手銀行である株式会社三井住友銀行(本社:東京、以下:三井住友)は、インドネシアのPT Bank Tabungan Pensiunan Nasional Tbk(以下:BTPN)の株式15.74%にあたる9億1,927万株を取得(1株あたり6,500ルピア(約58円)..