物流

【物流】日本のヤマトホールディングスが、ベトナムとタイでビジネス拡大を計画


日本最大手の運送会社 ヤマトホールディングスが、すしなどの日本料理の需要増加に伴い、チルドデリバリーサービスをスタートする為のパートナー企業をベトナムとタイで探しているようだ。



 
日本のビジネスの先駆者であるヤマトホールディングスが、レストランや中小企業にサービスを提供する事業..

【物流】日本のエースコックと富士通がベトナムで事業を開始

≪地元メディアの反応≫
日本の富士通とエースコックは、ベトナムでビジネスを行う日本企業の為に、共同物流情報システムの構築に向けて取り組みを実施することに決めた。
 
 
富士通とエースコックは、ベトナム子会社がシステムの試行完了後、高品質な物流システムの運用開始を予定している。
この共同物..

【物流】日本のANAホールディングスが合併事業、鴻池グループが500万ドル投資


≪地元メディアの反応≫
日本企業によって、輸送・物流インフラ領域のミャンマーへの投資ニュースが賑わいを見せている。日本のANAホールディングスがシェエ・タン・ルウィン・グループとの合併を進めているのと同時に、鴻池グループがミャンマーの物流拠点に500万ドルの投資をすることが明らかになった。
..

【物流】大手食品総合商社の国分株式会社はミャンマーに低温物流センターを稼働した。

≪地元メディアの反応≫
ミャンマーの大手コングロマリットであるSerge Pun & Associates (Myanmar) Ltd.は(以下、SPA)グループとの合弁会社KOSPA(コスパ)を通じて、ミャンマー・ヤンゴンに低温物流センターを開設した。

シンガポール、ミャンマーIn..

【物流】ダイセーホールディングス株式会社がマレーシア大手運送会社との共同事業計画に同意した。

≪地元メディアの反応≫
PKT物流グループSdn Bhd社は、マレーシアでの共同事業拡大の可能性を探るために、日本のダイセーホールディングス株式会社との覚書にサインした。

覚書のサインをする直前にPKT物流グループは日本・名古屋市にあるダイセーホールディングスの施設を視察した。
 
PK..

【物流】マツダが郵船ロジスティクスと合弁で部品流通センターをオープン、タイを部品の輸出基地に

≪地元メディアの反応≫
日本の自動車メーカー「Mazda Motor Corporation(マツダ)」が我が国をASEAN諸国をはじめ世界各国への自動車部品の供給基地に選定し、アフターサービスの質を向上させるために我が国中部のSamut Prakan(サムットプラーカーン)県に新たな流通センター..

【物流】海外展開を急ぐ日本の巨人「日本郵便」が豪州物流大手Toll社買収、世界TOP5の物流会社が誕生

≪地元メディアの反応≫
日本の巨大国有企業で国際的な郵便・物流事業を営む「Japan Post(日本郵便株式会社)」は2月18日、メルボルンに本社を置くオーストラリア最大の物流企業「Toll Holdings Ltd.」の発行済株式100%を取得し、子会社化するための手続きを開始することを決定した..

【物流】巨大海運会社「商船三井」からのLNG運搬船受注で、韓国の「大宇造船海洋」はブランド価値を世界にアピール

≪地元メディアの反応≫
日本の三大海運会社に数えられ、連結売上第2位の「商船三井(MOL:Mitsui O.S.K Lines, Ltd.)」は、韓国の「大宇造船海洋(DSME:Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering)」に液化天然ガス(LNG)運搬..

【物流】ソニーと三井倉庫、合弁でタイとマレーシアの物流事業再編

ソニーと三井倉庫は、三井倉庫の資本参加による両社の合弁企業がタイとマレーシアのソニー子会社による物流事業を再編することで最終合意した。合弁企業はソニー製品の配送業務を継続すると同時に他の企業のニーズに応える物流サービスの提供も開始する。
 

 
合意によると、ソニー・グループはタイとマレー..

【物流】日本通運が国際鉄道輸送サービスを開始

≪地元メディアの反応≫
日本の大手物流会社、日本通運株式会社(以下:日本通運)はマレーシア-タイ間の国際鉄道輸送サービスを開始したと発表。26両編成の列車は主にマレーシアのホンダモーターが製造している自動車部品をクアラルンプールの郊外から1,600km離れたバンコク近郊にあるホンダの工場へ輸送する..

			

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata