ベトナム

【ベトナム】日本のイオン、ベトナム国内に食品スーパー500店舗開店へ

≪地元メディアの反応≫
イオンはカンボジア、ミャンマー、ベトナムなど発展途上のアジア市場で小型店舗の開業準備を進めている。ベトナムでは2015年までに、9倍にもなる500店舗まで拡大する予定だ。


イオンは大型ショッピングセンターで知られているが、小型店舗の開業はより安価で簡単である。ベト..

【ベトナム】日本の大和ハウス、ベトナムに大規模ホテル建設へ


≪地元メディアの反応≫
日本企業の大和ハウス工業は、約80億円を投じて、ベトナム北部のハイフォン市に大規模ホテルを建設することを発表した。



このホテルは、日本人のビジネスマンや観光客などがターゲット。
 
2020年の開業を予定しており、地上21階建てで客室数451になる。1..

【ベトナム】パナソニックがベトナム工場を増築、配線器具などの生産能力を2倍に


≪地元メディアの反応≫
ビンズオン省に新しく建設される工場は、今年10月に稼働する予定。
 

パナソニック社は、ベトナム国内の需要や近隣国への輸出増加に伴い、2020年までにベトナムでの配線器具やブレーカの生産を2倍に増やすと発表した。
 
日本のパナソニック社は、ホーチミン市から..

【ベトナム】ベトナムと日本の共同制作「遠く離れた同じ空の下で」の放送が発表


≪地元メディアの反応≫
ドラマ「遠く離れた同じ空の下で」は、ベトナム人留学生と女性リポーターの恋愛を描く。留学生ハイは沖縄で農業を勉強、しかしハイは家族をサポートする為に働かなくてはいけなかった。レポーターの英里は、ハイにインタビューを申し込むが断られてしまう。




 
英里と..

【ベトナム】日本のソフトバンク、ベトナムでロボット販売を開始


≪地元メディアの反応≫
ソフトバンクとFPTソフトウェアが連携し、ベトナムでロボット販売を展開していくことを発表した。


 
販売されるロボット Naoは、英語などの言語教育に活用される見込み。
 
ロボット Naoは、学習者との対話練習、リスニングやスピーキング学習、..

【ベトナム】日本のセブン & アイ・ホールディングス社 がベトナムに進出


≪地元メディアの反応≫
2018年2月、ベトナム初のセブン‐イレブンが開業すると見込まれている。



 
ベトナムで小規模店舗開店に関する新規則が発行された後、セブン‐イレブンが新店開業を目指していると地元メディアが報じた。
 
ベトナムの消費市場の成長により、小売市場の需要も..

【ベトナム】日本のヤマトホールディングスが、ベトナムとタイでビジネス拡大を計画


日本最大手の運送会社 ヤマトホールディングスが、すしなどの日本料理の需要増加に伴い、チルドデリバリーサービスをスタートする為のパートナー企業をベトナムとタイで探しているようだ。



 
日本のビジネスの先駆者であるヤマトホールディングスが、レストランや中小企業にサービスを提供する事業..

【ベトナム】フンイエン省に日本が設立した大学が開校

≪地元メディアの反応≫
7月22日、フンイエン省にあるエコパーク都市区にて東京健康科学大学ベトナムの竣工式が行われた。
竣工式では、大学の設立に尽力したNguyen Thi Kim Tien保健大臣が、農村部を中心にベトナムの健康管理を改善する手助けとなるハイクオリティな研究を提供していきたいと..

【ベトナム】来月、日本のイオンがホーチミンに2店舗目をオープン


≪地元メディアの反応≫
ホーチミンにオープンする新しいイオンモールは、2014年にオープンしたAeon Mall Tan Phu Celadonよりも大型店舗になる。投資総額は1億2,000万ドル以上で、Hoa Lam Shangri-Laのインターナショナルハイテクヘルスケアパークに出店。
..

【ベトナム】日本企業の出光興産がベトナムで会社を設立

≪地元メディアの反応≫
新会社「Idemitsu Q8 Petroleum Limited Liability」は、ベトナムで最初となる石油製品の流通・小売部門の完全外資系企業となった。
 
出光興産とKuwait Petroleum Internationalは最近、政府から投資登録証明書を..

			

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata