アメリカ

日本自動車、アメリカの雇用機会・経済成長に貢献


アメリカ ニュースメディア
 ≪地元メディアの反応≫
アメリカ国民による自動車・トラック購買台数が伸び、全国的に経済成長を促進させた為、アメリカ自動車産業は今年好調であった。

一般社団法人日本自動車工業会(JAMA)アメリカオフィスの最新報告書によると、「日本自動車工業のアメリカでの発展がこのような状況を起こす主要な要因である」とのこと。また、この報告では、増加する投資がどの様に先端技術の発展を促進し、質を高め、より多くの機会もたらしたかについてと、アメリカで多く設立されている製造工場と研究開発センターの状況・就職状況への影響も詳しく述べられている。

日本自動車工業会会長William C. Duncan氏が「日本自動車メーカーはアメリカに革新と投資、そして、アメリカの消費者・アメリカの自動車産業全体に利益をもたらす。この報告書は、アメリカのコミュニティによい雇用機会をもたらす日本自動車メーカーの方針が反映されている。」と述べた。
アメリカ ニュースメディア
また、報告書には日本メーカーの代替エネルギー自動車売上統計、現地製造業、アメリカから自動車輸出の現状、2011年のアメリカ自動車部品購入状況についても、以下の要約が含まれている。

1.アメリカの代替エネルギー自動車売上80%を日本の自動車ブランドが占める。

2.アメリカで販売する日本自動車ブランドの68%は北米で生産。

3. 日本の自動車メーカーは、アメリカ産自動車やトラックを世界中に26万台輸出している。

4. アメリカと日本で自動車を生産する為、日本の自動車メーカーはアメリカで432.4億ドルの部品を購入した。(BUSINESS WIRE)