アメリカ

タケダ薬品、ワクチン事業強化の為、アメリカLigoCyte社買収


≪地元メディアの反応≫
武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とLigoCyte Pharmaceuticals, Inc.(本社:ボーズマン、米国モンタナ州、以下「LigoCyte社」)は、ワクチン事業を強化するために、契約一時金60百万米ドルで、数週間以内に買収を完了する見込みと発表した。

武田薬品のワクチンビジネス部長であるRajeev Venkayya氏は、「LigoCyte社はノロウイルスを制止するワクチン事業に取り組んでおり、これは国際的な影響をもたらす可能性があります。近年、ノロウイルスは、米国における胃腸炎および食中毒の最も多い原因であり、毎年、発展途上国を中心に20万人もの患者の死亡原因となっています。当社は、今回の買収により、臨床開発段階にある唯一のノロウイルスワクチンを獲得して、今後の状況を変えていく所存です。」と述べた。

また、この疾病が多く流行している、米国、欧州、その他の各国での承認を目指しているとのこと。また、米国疾病管理予防センターによると、米国では、毎年21百万人の感染者が発生しているそうだ。アメリカ ニュースメディアRajeev Venkayya氏の声明によると、この買収は「武田薬品が世界中の小児および成人の患者さんを減らす取り組みを一層推進する」ものとなる。

CEOであるDonald P. Beeman氏は「LigoCyte社にとっては、武田薬品との協力はいいチャンスだ」と話した。
「双方の協力を通じて、専門知識と専念を融合させ、ノロウィルス観戦感染病の予防に向けて、武田薬品のワクチンの研究と開発を支持サポートし、そのワクチンビジネス部門の長期的な成長に寄与貢献してほしいできる事に期待している。」とBeeman氏は述べた。

LigoCyte社の事業継続性を保持するため、引き続き現地に残り、力を尽くして、業務を行っている。
武田薬品も、変化する薬品業界に適応する為努力し、今年1月にワクチンを開発した。