中国

【中国】本田技研の新車販売台数が大幅に増加

≪地元メディアの反応≫
日本自動車メーカー各社の1月の中国での新車販売結果が発表されたが、その中でも大手自動車メーカーの本田技研工業株式会社(以下:本田技研)の販売台数が昨年比33.6%増の63,128台と好調な売上となっているようだ。

また、本田技研と 广州汽車集団の合弁会社である「広汽本..

【中国】台湾高速鉄道で日本の客室乗務員が接客実務を体験

≪地元メディアの反応≫
JR九州の客室乗務員は台湾高速鉄道での2週間の接客実務を体験。5人の客室乗務員は両社が実施する研修プログラムの一環として台湾を訪れ、地元の人々の「おもてなし」に感銘を受けたとのこと。
今回の研修は客室乗務員のスキルアップと鉄道会社の知名度向上を図るためであり、日本語が堪能..

【中国】和光堂が康師傅と合弁会社を設立、粉ミルク市場参入へ向け本格始動

≪地元メディアの反応≫
和光堂株式会社(以下:和光堂)の親会社であるアサヒグループホールディングス株式会社(以下:アサヒグループ)は、中国の即席麺類・飲料メーカー、康師傳と和光堂が合弁会社を設立すると発表。会社名は「和菁康(上海)商貿有限公司」、2014年1月には営業を開始し粉ミルクや離乳食を販売..

【中国】ファーストリテイリングがついに香港証券取引所に上場

≪地元メディアの反応≫
カジュアル衣料ブランド「ユニクロ」を展開する株式会社ファーストリテイリングが、来年1月~3月中に香港証券取引所に上場する計画であると関係者が発表。
アジアで急速な成長を続けるファーストリテイリングは、すでに東証1部に上場、1週間に2店舗ペースで展開している。引受主幹事証券..

【中国】国薬控股と三菱商事が注射器などの医療材料を販売する合弁会社を設立

≪地元メディアの反応≫
日本の大手商社である三菱商事株式会社(以下:三菱商事)は中国医薬品卸最大手の国薬控股と上海市に合弁会社を設立、中国で注射器などの医療材料の販売を開始すると発表。中国では高齢化や国民の収入増加に伴い通院する人が増加傾向で中国の医療機器、医療材料市場は約2兆5,000億円、年間..

【中国】清華大学と堀場製作所が協力し「PM2.5」対策に挑む

≪地元メディアの反応≫
日本の分析・計測機器総合メーカーの堀場製作所(本社:京都)は清華大学と協力して大気や水の汚染防止と環境技術研究を進めていくとのこと。小さな粒子状物質「PM2.5」の一般的な原因の測定可能な分析装置を共同で開発、今年中には北京で実証実験を開始する。
北京での大気汚染は深刻で..

【中国】三菱電機が中国の電力事業強化に向け北京で新会社設立

≪地元メディアの反応≫
東京に本社を置く三菱電機株式会社(以下:三菱電機)はエネルギーシステム販売、エンジニアリング関連サービスを提供するため北京で新会社を設立したと発表。会社名は「三菱電機電力機電装備(北京)公司」、2013年12月に営業を開始する。新会社の資本金は300万ドル(約3億円)で今後..

【中国】ソニーが春節商戦に備え、スマートフォン事業強化に乗り出す

≪地元メディアの反応≫
ソニー株式会社(以下:ソニー)が中国でのモバイル事業強化に向け動き出した。スマートフォン事業がソニーの主力であるが、アメリカのアップル社より先にモバイル通信の最多ユーザー(7億5000万人)を誇る中国移動(チャイナ・モバイル)と提携したと発表。ソニーはヨーロッパやアメリカで..

【中国】多くの日系企業が中国国際工業博覧会に出展、日本の高度技術をアピール

≪地元メディアの反応≫
中国上海で開催された最大の国際工業見本市である「第15回 中国国際工業博覧会」に、約50の日本企業が出展。日本企業は産業用ロボットなどを展示し、日本独自の技術力をアピールしていた。
この博覧会は、1999年以降毎年11月に開催されており、中国の製造業に最も影響力を与えてい..

【中国】日本の自動車メーカーHONDAが研究開発を強化するため新会社を設立

≪地元メディアの反応≫
日本の大手自動車メーカー本田技研工業株式会社(以下:HONDA)は中国が世界最大の自動車市場であるとし、本田技研科技(中国)有限公司を設立すると発表した。HONDAは現在広州にある本田技研工業(中国)投資有限公司広州分公司の機能を新会社に移し、部品調達、研究開発の強化を目指..

			

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata