中国

日本の大手ゲームメーカーなど、15年振りに中国ゲーム市場に進出か


≪地元メディアの反応≫

先日、中国文化省より発表されたビデオゲーム製造および販売規制の緩和により、Xboxを販売するアメリカのマイクロソフト社や日本の任天堂やソニーが、中国での販売に注目しているようだ。

 

中国規制当局は、中国の若者への悪影響を阻止する為に2000年からゲームメーカーが中国国内で製造・販売を行なうことは禁止してきた。その為、ソニーや任天堂の様な企業は、上海自由貿易区以外での販売はあきらめるしかなかった。

 

海外進出 中国

 

文化省によると、今後は国内・海外企業問わず、メーカーが製造・販売できるようになるという。

 

「ほんとにすばらしいニュースだと思います」と、ソニー·コンピュータエンタテインメント広報担当者も述べており、今後の中国でのコンソールビジネスに注目していることを付け加えた。

 

この規制が解禁されることにより、Xboxやプレーステーション、Wiiへのアクセスが規制されていた中国のPCやモバイルゲーマー達にとって貴重な幕開けとなるだろう。

 

Newzoo BV(ゲームリサーチ)によると、モバイルゲームとコンソール販売を含む中国ゲーム市場は、今回の規制緩和で$220億ドル(2,200億円)、23%アップの収益を見込んでいる。

 

今後の日本ゲーム企業がどんな事業展開をしていくのか注目していきたい。

 

SOURCEPosted on July 28, 2015THE WALL STREET JOURNALtrans by Uki


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata