タイ

日本のユニクロ、バンコク郊外にロードサイド店をオープン


≪地元メディアの反応≫

日本のカジュアルウェアブランドユニクロは、バンコク郊外に東南アジア初となるロードサイド店をオープンした。

タイ 海外進出

今回オープンしたロードサイド店は、パタナカン通りに位置し、店舗面積は1,440平方メートル。モール内の店舗と比べ、広々とした売り場となる。

 

「日本国内で展開しているロードサイド店を、東南アジアで初めて開店したことを光栄に思います。」と、UNIQLOは語った。

 

金曜日から日曜日は、エアポート・レール・リンクから店舗までシャトルバスが運行。

 

ユニクロは、メンズ、レディース、子供服を販売しており、2011年以降、タイに35店舗をオープンしている。東京を拠点としているこのブランドは、1949年に創立され、19ヶ国に1,974店舗を展開している。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM-Grec-Co.Ltd_.-–-About-Us
masaaki hirata