アメリカ

日本のソフトバンクグループ、自動運転バスの実験を実施


≪地元メディアの反応≫

ドライバーの操作がいらない自動運転バスが、東京・丸の内の公道で公開された。

海外進出 アメリカ

今回使用された自動運転バスはフランスで開発されたもの。15人の乗客を運ぶことができ、最高速度は時速45マイル。

 

日本の大手企業ソフトバンクの傘下であるSBドライブと三菱地所が共同で実験を行った。

 

日本政府は、2020年の東京オリンピックまでに、自動走行技術を展開しようとしている。

 

改良の余地がありそうな自動運転バス。

今後の展開に期待したいところだ。

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata