アメリカ

サンフランシスコ・ジャイアンツ、大谷選手目当てに日本へスカウト派遣


≪地元メディアの反応≫

サンフランシスコ・ジャイアンツの関係者は、日本球界のスターで二刀流の大谷翔平選手に興味を示している。

アメリカ 海外進出

「チームは(メディア内の)あなた達と同じくらい、多くのことを知っている。」と語った。

 

ゼネラルマネージャーのBobby Evans氏とアシスタントGMJeremy Shelley氏は、来シーズンにメジャーリーグでプレーすることになると伝えられている23歳の選手を見に、日本を訪れた。

 

「彼には注目しているが、これはクラブが行うスカウトのプロセスの一部だ。」とマネージャーのBruce Bochy氏は語った。「私達は適切な評価を行っているところだ。」

 

大谷選手は投手と打者の両方でエースになる可能性があり、貴重な選手だ。彼はプロの試合で1,000以上の打席に立っており、47本のホームランを打っている。今シーズンは打率341。また、大谷選手はカーブを持つ剛球投手として活躍しており、日本ハムファイターズでの防御率は2.57140のイニング、174の三振で昨シーズンに防御率1.86を記録した。

 

23歳という若さでメジャーに挑戦すると言われている為、大谷選手は大型契約に署名する機会を逃すだろうとみられている。
「インターナショナル・ボーナスプール」というルールにより、球団が海外選手獲得時には、契約金限度額を規定されている。この新ルールにより、ジャイアンツは$ 300,000に制限されている。しかし、他の大手マーケットチームも同じ状況だ。
資金が不足し、シーズンが荒れているにもかかわらず、ジャイアンツは彼に十分な価値があると確信している。

 

大谷選手は契約金を下げてまで大都市でプレーしたいのだろうか?母国の近く、日本人の人口が多い地域でプレーしたいと思うだろうか?または、バスター・ポージー選手のファンだろうか?ジャイアンツは何かしらの理由を見つけ、入札に臨むとみられる。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata