タイ

日本企業 マツダ株式会社、タイのエンジン生産拠点を強化


≪地元メディアの反応≫

マツダ株式会社は、チョンブリー県の生産拠点「マツダ パワートレイン マニュファクチャリング(MPMT)」を、2018年上半期までに10万基に増強することを発表した。

海外進出 タイ

また、同規模のエンジン工場を新たに建設する予定だ。

 

201510月に本格始動したエンジン組立工場のMPMTは、年間生産能力3万基。この工場は、ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」やガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.3」の組み立てを行っており、タイの車両生産工場「オートアライアンス」に出荷され、Mazda 2(日本名:デミオ)に搭載されている。

 

マツダ社は、今回のエンジン生産工場の強化に日本円で221億円を投じる。新しいエンジン組立工場を増強することにより、タイにおける車両、エンジン、トランスミッションの生産システムの強化を図る。また、生産機種に、人気のグローバルモデル「SKYACTIV-G 2.0」を追加し、ASEAN地域のマレーシア、ベトナムへ輸出を行う予定。

 

「タイでマツダの生産システムを強化することは、世界規模で生産強化を目指す我々の鍵となるだろう。」と、グローバル生産担当役員の圓山 雅俊氏は述べた。「生産能力を増強し、高品質を保証する新しいエンジン生産工場の建設により、マツダ社はエンジン輸出のためのハブとして、さらにMPMTを強化出来るだろう。そして、それにより世界的な生産効率を改善していき、タイの自動車産業の発展に貢献していきたい。」

SOURCEjust-auto by Mimi


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata