中国

日本のコンビニエンスストア ローソン、南京に進出


≪地元メディアの反応≫

日本のローソンは、中国へ積極的に店舗展開を進めており、2020年までに3,000店舗まで拡大する計画を立てている。

中国 海外進出

日系コンビニエンスストアでは初となる江蘇省・南京市に出店。5店舗を同時にオープンした。今後35年間で300店舗以上の出店を目指している。

 

多くの日本企業は、歴史的問題が残るこの州に参入していない。

 

ローソンは、大手小売企業の南京中央商場とフランチャイズ契約を締結、南京市での出店を実現させた。

 

東京に本社があるローソンは1996年に中国に進出、現在中国国内に1,100店舗を展開。そのほとんどは上海市や重慶市に出店している。

南京への進出は、中国に約2,000店舗を出店し競争相手でもあるセブンイレブンやファミリーマートとのギャップを埋め、さらに勢いをつけるためだろう。

 

日本では、2016年度コンビニエンスストアの売上シェア第3位であるローソン。上位3位の企業は、日本国内の約90%のシェアを占めている。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata