シンガポール

日本の回転寿司チェーン店「スシロー」、シンガポールに新たに開店


≪地元メディアの反応≫
日本の回転寿司業界の大手企業「スシロー」は、1月31日にシンガポールのショーハウスに2号店をオープンした。伊勢丹スコッツ3階にある2号店は、シンガポールで一番人気の映画館Shaw Theatres Lidoに近い。上映前に軽くて簡単に食事を済ませられるのはメリットとなる。
スシローシンガポール

100種類以上の寿司およびサイトメニューもあり、寿司ネタやシャリなど、新鮮な食材を全て日本から定期的に輸入する。開店を記念して、1皿当たりの値段2.20Sドル(約175円)で提供する大トロの寿司は見逃せない。オープニングスペシャルのほか、期間限定スペシャル寿司や、季節限定メニューも提供している。開店以来、毎日長い行列が出来ているわけだ。

 

2019年8月に東南アジア初の店舗としてシンガポールのチョンバル・プラザに上陸した。3月にシンガポールのコーズウエー・ポイントに3号店、さらに、2020年上半期にシンガポールの東側に4号店をオープン予定だ。海外ではシンガポール以外に、韓国、台湾、香港に既に進出している「スシロー」の今後のさらなる事業展開が楽しみだ。

 

(Trans by Shie)


			
		

特集記事

nophoto
nophoto
nophoto