海外進出情報

  • 2024年07月10日 6:30

大阪の行列ができる鶏白湯ラーメンが尼崎に!食べログ百名店3年連続受賞「鶏soba座銀」が尼崎市塚口町に7月15日NEWオープン

株式会社銀の葡萄(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役:壽量 健太、以下 銀の葡萄)は、兵庫県尼崎市塚口町に国内第11号店「鶏soba座銀 塚口店」を2024年7月15日にオープンします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/401564/LL_img_401564_1.jpeg
鶏soba

【鶏soba座銀】
▼特長・コンセプト
大切な人を連れて行きたい体験型のラーメン屋
高級ではなく上質 高級≠上質

ごぼうが代名詞のラーメン店。大阪肥後橋に2014年の第一号店をオープンし10年。
海外店舗も含めると13店舗まで、店舗を拡大することが出来ました。
オープン当初から変わらず掲げているコンセプト「大切な人を連れて行きたいラーメン屋」
彼氏彼女を連れて行きたい。
会社の同僚を連れて行きたい。
家族を連れて行きたい。
そんなニーズが生まれるような店づくりをしてきました。

「鶏soba座銀 塚口店」は、兵庫県内では2店舗目の展開です。
大阪や神戸本店でも好評をいただいている座銀のラーメンをもっとたくさんの方に召し上がっていただきたいという思いから、今回のオープンを決定いたしました。
阪急伊丹線「稲野駅」から徒歩11分のため、尼崎市だけでなく伊丹市にお住まいの方もアクセスしやすくなっています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/401564/LL_img_401564_2.jpeg
外観

ロードサイド店も大変好評を頂いており、お子様連れのご家族にも、本格的なラーメンを召し上がっていただきたいという思いから、住之江店、高槻店、寝屋川店に次ぐ、駐車場完備の物件を選定しました。
4名掛けのテーブル席が4卓あり、ご家族皆さんでラーメンを楽しんでいただけます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/401564/LL_img_401564_3.jpeg
内観

ぜひ、大切なご家族で一緒に、座銀のラーメンをお楽しみください。

▼メニュー
<鶏soba> 価格(税込):970円
→提供直前に豚と鶏のスープと鶏脂で深みと香りを演出。まるでポタージュのようなクリーミーな口当たり。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/401564/LL_img_401564_4.png
鶏soba_2

<鶏つけsoba> 価格(税込):1,000円
→魚介を使用せず、鶏のみのスープに拘っている。鶏の奥深さを感じて頂ける濃厚なつけダレ。濃度十一度。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/401564/LL_img_401564_5.jpg
鶏つけsoba

<鶏白湯混ぜsoba> 価格(税込):1,000円
→濃厚な鶏白湯スープに負けない特徴のあるウイング麺と、華やかな見た目。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/401564/LL_img_401564_6.jpg
鶏白湯混ぜsoba

<淡麗醤油soba> 価格(税込):970円
→知床鶏100%のスープを使用し、醤油のキレや旨味を最大限に活かし、鶏を全面に押し出した座銀流チキンラーメン。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/401564/LL_img_401564_7.png
淡麗醤油soba

▼店舗詳細
店名 :鶏soba座銀 塚口店
住所 :〒661-0002 兵庫県尼崎市塚口町4丁目45-3
アクセス :阪急伊丹線 稲野駅から徒歩11分
阪急神戸線 塚口駅から徒歩14分
阪急神戸線 武庫之荘駅から車で9分
営業時間 :11:00~15:00(Lo15:00)
:17:30~22:00(L.O21:30)
定休日 :なし
客席 :カウンター8席 テーブル席4卓(4名掛け) 合計24席
禁煙・喫煙:完全禁煙
駐車場 :4台(共有)

■会社概要
商号 : 株式会社銀の葡萄
代表者 : 代表取締役 壽量 健太
所在地 : 〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町3-5-3
設立 : 2007年10月
事業内容: 飲食店の企画・運営/コンサルティング
資本金 : 100万円
URL : https://silver-grape.com/

【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社銀の葡萄
Tel:06-7222-3940

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press


			
		

特集記事

nophoto
nophoto
nophoto