海外進出情報

  • 2019年12月10日 7:15

渡辺おさむのスイーツデコアート展「お菓子の美術館」 長崎・ハウステンボスにて2020年1月17日(金)より開催!

本物そっくりのカラフルで精巧なクリームやキャンディ、フルーツなどを用いたインスタレーションや現代アート作品を制作する作家、渡辺おさむ氏の展覧会【お菓子の美術館】を1月17日(金)から長崎・ハウステンボスにて開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200796/LL_img_200796_1.jpg
写真:飯田かずな

■お菓子の宮殿で貴族気分!渡辺おさむによる大規模個展
樹脂を用いて様々なものにお菓子のデコレーションをする現代美術作家、渡辺おさむ氏によるスイーツデコアートの美術展を、ハウステンボス内にある宮殿「パレス ハウステンボス」にて開催。

忠実に再現されたオランダの絢爛豪華な宮殿に、スイーツでデコレーションされた200点以上のアート作品が集結。スイーツで華やかにデコレーションされた館内は、文化芸術、経済全てを世界中から賞賛されたオランダ黄金時代を彷彿とさせます。

宮殿の内装を生かしたお菓子の美術館、お菓子の晩餐会、お菓子の森、スイーツアクアリウムなど、11のエリアに分かれた展示構成で、全長約2mのお菓子のユニコーンも登場。オランダにまつわる、ゴッホやフェルメールのデコレーションアートも展示。宮殿の中で、まるで貴族になった気分でファンタジックなスイーツアートの世界を堪能できます。

会場内は全て撮影OK。フォトスポットも各所に用意されています。また会期中3日間にわたり、渡辺おさむ氏本人による、ワークショップも開催されます。

https://www.huistenbosch.co.jp/event/okashinobijutsukan/

■渡辺おさむについて
スイーツデコの技術をアートに昇華させた第一人者として「東京カワイイTV」(NHK)や「徹子の部屋スペシャル」(テレビ朝日)等、多くのメディアに取り上げられてきました。その作品は、国内はもとより海外でも注目を集め、中国、インドネシア、イタリア、ベルギー、トルコ、アメリカ、韓国などでも個展が開催され、話題を呼びました。また作品集や著書が出版されたほか、大原美術館や清須市はるひ美術館など国内5ヶ所の美術館に作品がコレクションされています。

渡辺おさむホームページ: http://watanabeosamu.tokyo

■開催概要
会期 : 2020年1月17日(金)~3月2日(月)会期中無休
会場 : パレス ハウステンボス
時間 : ハウステンボス営業時間に準ずる。
詳しくはホームページをご覧下さい。
入館料 : パスポート対象
※ハウステンボスのパスポートをお持ちの方のみ利用が可能です。
ハウステンボスホームページ: https://www.huistenbosch.co.jp
主催 : ハウステンボス
協力 : 渡辺おさむアトリエ
企画・制作 : 株式会社文化企画
後援 : 長崎県、長崎県教育委員会、佐賀県、
佐賀県教育委員会、佐世保市、
佐世保市教育委員会

<関連イベント>
スペシャルワークショップ「渡辺おさむとクッキーチャームを作ろう!」
実際の作品にも使用している材料でクッキーチャームを作れます。自分だけのオリジナルクッキーを作ろう!

開催日 :1/17(金)(1)11:00~12:00 (2)15:00~16:00
1/18(土)(1)11:00~12:00 (2)15:00~16:00
1/19(日)(1)11:00~12:00
各日所要時間約30分
各日各回先着20名様
参加費 :1,000円(税込)
お申し込み方法:各日随時会場にて受付を行っております。

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press


			
		

特集記事

nophoto
nophoto
nophoto