海外進出情報

  • 2019年06月07日 4:00

SentinelOne(TM)はシリーズD 1億2千万円の資金調達ラウンドを発表

自律型エンドポイントプロテクション企業である、SentinelOneは、Samsung Venture Investment Corporation、NextEquityならびにThird Point Ventures、Redpoint VenturesそしてData Collective(DCVC)その他を含む過去の投資家全員の参加により、インサイトパートナーズの主導により1億2千万ドルをシリーズDの資金調達として計上したことを発表します。

このラウンドにより、SentinelOneの総資金は2億3千万ドル以上になります。これらの資金は、ネットワークのあらゆるエッジに配置された自律的なAIプラットフォームを通じて、エンドポイント、クラウド、およびIoT接続保護におけるレガシーおよび次世代の競合他社からの置き換えを急速に促進するために使用されます。

企業が旧来のウイルス対策製品の大規模な置き換えを続けるあたり、製品に対する期待は大きく変化してきました。SentinelOneが特許を取得した振舞いAIは、インターネットとの接続や最新へアップデートに依存しないクラウドネイティブプラットフォームを通して、エッジからクラウドまでリアルタイムの防止とActiveEDRを提供します。

SentinelOne RangerによりIoTデバイスの発見と対処が可能になり、エンドポイントセキュリティにこれまでにない革新をもたらし、エンタープライズセキュリティプラットフォームの定義を広げることになります。SentinelOneは、完全な自律的テクノロジにより高い検知率と詳細なEDR機能を提供し、すべての次世代AVおよび旧来のAVベンダと比較しても、世界規模で製品評価において極めて高い評価をいただいています。SentinelOneは、この新しい資金を使用して、圧倒的な世界的な需要に対応し、企業のセキュリティを継続的に進化させるための製品の機能強化を実現するための市場投入を促進します。

■SentinelOneのCEO兼共同創設者 Tomer Weingarten コメント
「我々はあえて、エンドポイント市場を混乱させ、拡大するようにチームを編成しました。エンドポイントの境界線が拡大することにより、エンドポイントは何かという概念も変化することになるでしょう。エンドポイントは従来のラップトップやデスクトップから、クラウドやデータセンター、そしてすべてのIoTデバイスのワークロードまで、いたるところにあります。

ネットワークの境界は現実的な境界です。 – 防御、検知、対応、そしてハンティング -

我々は、業界初、EPPとEDRを単一の自律的エージェントに統合しました。また、我々は業界初、製品にサイバー保証をつけました。そして現在、AIベースのデバイスプロテクションを最先端に、クラウド内のIoTエンドポイントと作業やデータもカバーしています。我々はこの分野で日々進化を持続し続け、最高の製品革新いたしました。そして、我々は未来へのリーダーとして位置づけられています。」

今日現在、2,500を超える顧客にご利用いただいているSentinelOneは、市場でのリーダーシップと成長を実証しながら、市場で最も急成長しているエンドポイントセキュリティ企業です。

●年間経常収益前年度比217%
●フォーチュン500企業への導入前年度比140% 成長
●過去12ヶ月におけるフォーチュン10の内3企業への導入

■Insight Partners マネージングディレクター Teddie Wardi氏コメント
「エンドポイントセキュリティは、今まさに円熟期を迎えており、SentinelOneのテクノロジーやチームにとって大きな市場機会があります。攻撃方法は日々進化しており、顧客は一歩先を行くための革新的な自律型テクノロジーを求めています。SentinelOneの強力なリーダーシップチームとビジョンは市場で他に類を見ないものであると認識しています。これは、同社の爆発的な成長と同業のサイバーセキュリティ企業との差別化されたビジネスモデルによって証明されています。
企業がレガシーウイルス対策を大規模に置き換え続けるにつれて、期待は進化してきました。SentinelOneの特許を取得したBehavioral AIは、接続性やアップデートに依存することなく、クラウドネイティブプラットフォームを通じて、エッジからクラウドまでリアルタイムの防止とActiveEDRを提供します。SentinelOne Rangerを使用すると、IoTデバイスは発見と実施が可能になり、エンドポイントセキュリティにこれまでにない革新をもたらし、エンタープライズセキュリティプラットフォームの定義を拡大します。

■Samsungベンチャー投資会社 コメント
「投資家としては、SentinelOneのクラス最高のEPPとEDR機能の組み合わせが魅力的ですが、テクノロジーパートナーとして私たちを魅了したのは、エンドポイント市場の将来を予測する同社の能力です。EPPやEDRを超えてIoTを含むようにハイテクスタックを拡張することは、次の明確なステップです。この分野での画期的な作業についてSentinelOneと共同作業を行うことを楽しみにしています。」

■お客様からのコメント
Chris Barney, SVP & GM, Presidio
「SentinelOneの革新的なアプローチは、最も厳しい要求のにも関わらず、シンプルさと拡張性のある社内展開を実現できました。環境や成功基準にかかわらず、SentinelOneプラットフォームは一貫したトップパフォーマーです。Presidioの顧客リスクの低減への取り組みは、SentinelOneが引き続きセキュリティ製品に重要な役割を果たすことでしょう。」

Todd Weber, Vice President, Partner Strategy and Research, Optiv
「Optivは、セキュリティ製品を最適化するために世界中のチームとの協力に取り組んでいます。SentinelOneの自律型エンドポイントプラットフォームは、お客様ヘ対して、進化し続ける脅威にも対応可能で、当社のようなグローバルな組織が重要視するセキュリティプログラムの最適化作業を軽減してくれました。」

Julien Antoine, VP EMEA, Exclusive Networks
「我々は、価値を再定義し、革新的な方法で再販業者をサポートすることで既存の流通モデルに挑んでいます。同様に、SentinelOneは旧来や次世代型の製品よりも優れています。我々は、我々の提供しているサービス以上よりよく適合する技術や会社は世界市場にはないと信じています。このマイルストーンについてSentinelOneを祝福し、今後も過成長が続くことを楽しみにしています。」

■SentinelOneとは
SentinelOneは、単一のエージェントを介して自律的なエンドポイント保護を提供します。これにより、すべての主要なベクトルにわたって攻撃の防止、検出、対応、および脅威ハンティングが可能になります。極めて使いやすいように設計されたセンチネルワンプラットフォームは、オンプレミスとクラウドの両方の環境でリアルタイムで自動的に脅威を排除するためにAIを適用することでユーザの時間を節約し、ネットワーク全体でエッジからクラウドまで完全な可視性を提供する唯一のソリューションです。
https://www.sentinelone.com/
https://twitter.com/sentinelone
https://www.facebook.com/SentinelOne/

■Insight Partnersとは
Insight Partnersは、業界の変革を牽引している高成長テクノロジーおよびソフトウェア企業に投資している、世界をリードするベンチャーキャピタルおよびプライベートエクイティ企業です。1995年に設立されたInsightは現在200億ドルを超える資産を運用しており、累計で世界中の300社以上に投資しています。Insight Partnersの使命は、先見の明のある経営幹部を見つけ出し、資金を調達し、成功させることであり、長期的な成功を促進するために実践的で実践的な成長の専門知識を提供します。我々とポートフォリオの間で、我々は中核的な信念、すなわち成長は機会と等しいという信念の周りの文化を奨励します。

https://www.insightpartners.com/
Twitter:@insightpartners

■米国リリース抄訳
2019年6月5日 発表されたプレスリリースの抄訳版です。

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press


			
		

特集記事

nophoto
nophoto
nophoto