ベトナム

日本のソフトバンク、ベトナムでロボット販売を開始


≪地元メディアの反応≫

ソフトバンクとFPTソフトウェアが連携し、ベトナムでロボット販売を展開していくことを発表した。


ベトナム 海外進出

 

販売されるロボット Naoは、英語などの言語教育に活用される見込み。

 

ロボット Naoは、学習者との対話練習、リスニングやスピーキング学習、学生の英語学習の援助や発音練習を含む、教育的技術を提供する予定。

 

2004年頃からベトナムにロボットが導入されているが、研究や訓練のみに使用されていると、ソフトバンクは述べた。

 

日本企業 ソフトバンクは、教育、サービス、エンターテインメントを含めた、ベトナムの人々の日常にロボットを活用して欲しいと考えている。

 

ソフトバンクロボティクスによると、Nao20言語もの言葉を理解し、コミュニケーションを取ることが出来る。また、Wi-Fiを使い、インターネットにアクセス可能。

 

現在、バージョン5まで開発され、全世界で9,000台以上の販売実績を誇っている。

 

 

SOURCETUOI TRE NEWS translated by Mimi


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata