アメリカ

日本のソフトバンクがハリウッドのタレントエージェンシーWME-IMGに2億5千万ドル投資


≪地元メディアの反応≫

近年、ハリウッドに投資する国は中国だったが、日本の大企業の1つがTinseltown商標のタレント事務所を買収した。

 

アメリカ 海外進出

ファイナンシャル・タイムズによると、ソフトバンクはWME-IMGの企業価値を55億と評価し、25,000万ドルを同社に投資した。この契約は近々正式に発表されると予想される。

WMEは、2009年に有名なWilliam MorrisEndeavourエージェンシーの合併から設立された。その後、WME2014年に競合の-IMG24億ドルで買収。プライベート・エクイティ投資会社のSilver Lakeは、現在WME-IMGの大株主であるが、その出資比率はソフトバンクの投資後に少なくなるだろう。

WME-IMGは、Larry DavidMartin ScorseseからSerena Williamsまで、俳優やスポーツ選手など、スター達のマネジメントを行っている。

 

このエージェンシーの共同最高責任者であるAri Emanuelは、HBOシリーズの「アントラージュ」のAri Gold役に影響を与えた人であり、シカゴ市長Rahm Emanuelの兄弟でもある。

 

今回の投資から、ソフトバンクはエンターテイメント業界に進出していくのだろうか。

 

 

SOURCEInternational Business Times translated by Mimi