アメリカ

日本のJAXA、2週間の模擬宇宙ステーション実験で協力費38万円


≪地元メディアの反応≫

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙ステーションのシミュレーションで14日間滞在する8人を募集。目標は、宇宙飛行士のストレス状態を評価する方法を検討すること。

海外進出 アメリカ

地方の最低賃金より30%高いが、参加者は眠っているときでも、JAXAのため技術的に「働いている」と考える必要があるだろう。

 

この実験に参加するための要件は簡単だ。55歳未満で健康であること。これらの2つのボックスにチェックを入れると、このミッションに参加する資格がある。日本人に限らず、締め切りは131日。応募を希望しており、日本語が分かる人は、JCVNより応募することができる。

 

選ばれた応募者は外の世界から切り離され、個人の持ち物は持ち込むことができない。実際の国際宇宙ステーションに忠実な環境が作り出される。また、研究者がストレスレベルを測定する間に様々な課題を実行するよう求められるとのこと。

 

これは、宇宙飛行士が宇宙探査や他の惑星でどのように感じるかについての初めての実験ではない。多くの科学者グループは、少人数のグループと密接に接し、ある程度の隔離を持って生活しているという心理的影響について検討してきた。

 

科学者は、このような状況でどのようなタイプの心理的ストレスが発生するのかを理解し、宇宙飛行士がそれに対処するための適切なメカニズムを開発したいと考えている。ヨーロッパとロシアの宇宙機関は、2010年に同様のことを行い、520日間の隔離任務を行った。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata