アメリカ

日本企業の大林組、2050年までに宇宙エレベーター建設へ


≪地元メディアの反応≫

日本の大林組は、2050年までに宇宙エレベーターを建設する構想をまとめた。

海外進出 アメリカ

エレベーターは9.6kmのケーブルをつなぎ、新しい宇宙ステーションに人や物資を輸送する。また、宇宙飛行士を火星に輸送するための港湾としても活用される予定。

 

「建設プロセスは、ケーブルを配備し、施設を建設していくことから成り立っています。ケーブルの動特性を分析して、ケーブル、カウンターウエイトの特性を考え、施工手順を決定する必要があります。

 

ケーブル動力学のパラメータには、カウンターウエイトとケーブルの質量、風、固定設備負荷によるケーブルの張力、変位、伸びが含まれます。

 

運動方程式のコンピューターシミュレーションを利用し、システムを設計、建設プロセスを決定しました。」

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata