アメリカ

日本のモバイルゲーム会社アカツキ、ハリウッドに子会社設立へ


≪地元メディアの反応≫

日本に拠点を置くモバイルゲーム会社アカツキは、モバイルゲームコンテンツを展開していくため、米国にエンタテインメント会社を立ち上げた。

海外進出 アメリカ Akatsuki Entertainment USAは、長編映画も制作していくことになり、代表取締役アンマリー・ベイリー氏が指揮を執る。

 

ベイリー氏によると、「日本のトップクリエイターやパートナーと協力し、ハリウッドと日本の両方に意味がある映画、ゲームなどを創造することができる素晴らしい機会となるでしょう。」

 

アカツキは約10年前にスタート。「高い評価を得ている野心的なモバイルゲーム企業」だ。

 

また、バンダイナムコエンタテインメントがリリースした「2017年の最も成功したモバイルゲーム」の1つである「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」を共同開発した企業である。

 

2016年の売上高は93.9%増の115.5億円。
営業利益は
121.3%増の4.75億円。

 

東京に本社を置くアカツキは、台湾にもオフィスを所有。モバイルコンテンツやソフトウェアを開発している。

 

アカツキのメイン事業は、モバイルやタブレット用のゲーム制作だ。今後は、モバイルゲーム事業と映像制作が連携し、さらなる事業展開を行っていく。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata