タイ

日本最大のディスカウントチェーン「ドンキ」、エカマイに新店舗をオープン


≪地元メディアの反応≫

 

日本最大のディスカウントストアであるドン・キホーテは来年、バンコクに新店舗をオープンすると発表した。

海外進出 タイ

ドン・キホーテは、エカマイソイ5の土地に建てられる「ドンキ・モール・トンロー」の12階に中核テナントとして入る予定。このモールは6階建ての建物で、26,770平方メートル程の広さ。

 

「建設遅延の可能性がある為、モールがいつオープンできるかはまだ分かりません。2018年後半になるだろうと予測しています。」と土地所有者TOAThinun Worapaiboon氏が述べた。

 

このプロジェクトは、ドン・キホーテのシンガポール支社であるパン・パシフィック・インターナショナル・ホールディングスと、日本の駐車管理会社の子会社と、モールが建設される土地を所有するTOAグループとの合弁事業。

 

発表によると、このモールには、5階に「有名なキャラクターパーク」、レストラン、屋内のスポーツ・エンターテインメント施設が含まれる。

 

ドン・キホーテはモールの中核となる大規模な店舗になるだろう。来月、シンガポールの店舗を開店後、東南アジアに2店舗目となる今回のモールをオープンする予定。

 

ドン・キホーテは、日本に324の店舗を持ち、ハワイには3つの店舗を展開。一般的には「ドンキ(Donki)」と呼ばれており、軽食や調理器具から衣服まで幅広い商品を低価格で販売している。日本では、観光客が自宅用に大量に免税品を買うことで有名だ。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata