シンガポール

日本食品を取り扱うファーマーズマーケット、チャンギ国際空港にオープン


≪地元メディアの反応≫

ファーマーズマーケットはシンガポール人にとって新しいものではない。農業について詳しく理解していないが、新鮮な食品や珍しい食品を好んで買う人は多い。

海外進出 シンガポール

新しくオープンしたジャパン ファーマーズマーケットでは、新しいものを手に入れることができるだろう。この店舗は、季節の野菜や果物、肉製品、日本酒まで、沢山の種類の商品を販売している。販売されている商品は全て日本のものだ。えごま茶やユニークな寿司、和牛酒など、シンガポールでは初めて見る商品も用意されている。

 

プレミアム ジャパン ファーマーズマーケットは、チャンギ国際空港の第3ターミナル出発ロビーに位置する。飛行機に乗る前や海外旅行から帰国した際、日本のおいしい料理やお菓子を購入することができる。また、氷を使用し和牛を次の目的地まで運ぶことも可能だ。

 

新鮮な食材の他に、GO-ZENでは、すぐに食べられるお弁当も用意。

ここでは、ホタテ貝、ズワイガニ、イクラ、新潟の日本米、和牛など25種類の食材を使用しており、食事をカスタマイズして楽しむことができる。

日本料理を堪能したい場合は、ぜひ第3ターミナルへ訪れてみてはどうだろうか。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata