海外進出情報

  • 2017年08月10日 9:00

パシフィックネットグループは、PCと海外Wi-Fiルーター提供でesportsの国際リーグに挑戦するプロチーム「Libalent」をサポート!

IT機器のLCM(ライフサイクルマネジメント)や通信サービス等を全国8拠点で展開する株式会社パシフィックネット(本社:東京都港区、代表取締役:上田 満弘 以下、パシフィックネット)とグループ企業で総合通信サービスを展開する株式会社2B(本社:東京都港区、代表取締役:上田 雄太)は、esports関連事業を展開する株式会社Libalent(本社:東京都新宿区、代表取締役:相澤 崇裕、以下、Libalent)所属のesportsプロチームLibalent Supremeが台湾で行われる国際リーグに挑戦するにあたり、2017年8月~10月のリーグ戦開催期間中、チームで使用する全PCおよび海外Wi-Fiルーターを提供しサポートすることとなりました。

Libalentに所属する、esportsプロチームLibalent Supreme(PCゲーム「Overwatch」部門)は、台湾で2017年8月18日~10月中旬まで約2か月に渡り開催される、Overwatch Pacific Championshipに挑戦することになりました。通称OPCと呼ばれるこの大会は、アジア、パシフィック地域の強豪チームで予選を行い、勝ち上がった8チームで行うリーグ戦方式の長期大会です。

この期間中、 Libalent Supremeはパシフィックネットが提供するPCを対戦相手の分析やチームの戦術立案、トレーニング等に活用し、台湾リーグを戦ってまいります。(試合では、大会のルール上、主催者側が用意したPCを使用します)。また、2Bが提供する通話もできる「Bizmo海外Wi-Fiルーター」を、インターネット接続、データ通信、台湾国内での通話、日本への国際通話に利用いたします。

PCゲーム「Overwatch」は6vs6で個人技や戦術を駆使しながら相手チームよりも先に勝利条件を満たしていく競技で、PCを活用した事前のトレーニングや研究が大きな鍵を握るため、今回のパシフィックネットによるPCと海外Wi-Fiルーターの提供は、チームを勝利に近づける重要な位置づけのサポートとなります。

<PCおよび海外W-Fiルーターの活用内容とその効果>
・対戦相手の選手特性及び戦術の研究、チームの戦術立案および作戦実施による勝率の向上
・トレーニング(個人技・戦術理解等)による所属選手の技術レベル向上
・選手の現地活動レポートのSNS・メディア配信によるチームおよび所属選手の認知度向上
・台湾滞在時の、選手、チームスタッフの各種通信、台湾国内通話、日本への国際通話

パシフィックネットグループはLibalentを通じて、今後も日本国内でのesportsの認知向上、普及を支援してまいります。

以上

<チームユニフォーム>
今回の協賛にあたり、Libalentの選手が着用するユニフォームには、パシフィックネットのロゴマークが入ります。(画像はイメージです)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/135063/img_135063_1.png

<esportsとは>
エレクトロニックスポーツの略で、広義には電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す。欧米や韓国では2010年代から定着し、大小様々な大会が開催されている。日本国内でも、ゲーマーの97%はesportsを知っており(Cyacゲーマー国勢調査2017)、昨年の調査より5%増加、また88%が興味を持っている。日本のメーカーもesportsタイトルを準備しており、PCゲームだけではなくアプリゲームやコンシューマーゲームにも広がりを見せている。

<Libalentとは>
株式会社Libalentは、esportsに関するプロチーム事業および、エージェンシー事業を行う企業。日本初のesportsエージェンシー事業を通して、企業様のesportsにおけるビジネスをサポートをすると共に、世界的に活躍するプロチームや選手をバックアップすることにより、国内市場だけでなく世界市場でも確固たる地位を築くべく精力的に活動している。
株式会社Libalent(リバレント)
東京都新宿区新宿5-18-14 新宿北西ビル8階
代表取締役 相澤 崇裕
http://libalent.com/

詳細はこちら

プレスリリース提供元:@Press


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata