その他

日本のトヨタ自動車、ポーランドのエンジン工場に1億1,300万ドルを投資


≪地元メディアの反応≫

 トヨタ自動車は、新しいハイブリット車用エンジン製造のため、ポーランド工場に11,300万ドルを投資すると発表した。

海外進出 ポーランド

2020年から南西部のイェルチ・ラスコビツェ工場で新型エンジンの生産を開始する。エンジンはハイブリッド車にも使用され、電気自動車エンジンも生産予定。

 

トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ポーランドの代表取締役社長である武市栄司氏は、「ハイブリッド車は現在、欧州販売の40%を占めており、そのシェアは急速に拡大している」と述べた。

 

「この投資により、市場の需要を満たすことができるだろう。」と彼は述べた。

 

また、トヨタは9月に、ライバル会社に追いつくため、パートナーであるマツダモーターと電気自動車技術を開発する新たなベンチャーを設立したと語った。

 

トヨタは現在、ポーランドのドルヌィ・シロンスク地域に2つの製造工場を有している。イェルチ・ラスコビツェのエンジン工場は約500人を雇用しており、ヴァウブジフのトランスミッションを生産する工場にも1,500人を雇用している。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata