ミャンマー

日本のヤマトホールディングス、ミャンマーに合併会社設立


≪地元メディアの反応≫

日本のヤマトホールディングスと現地企業のAye International Groupは、ミャンマーに合弁会社を設立。合併会社設立のため、50万ドルの資金を調達。

海外進出 ミャンマー

ヤマトホールディングスの子会社でシンガポールに本拠を置くヤマトアジアは、2017年後半に設立されたヤマトグローバルロジスティクスミャンマー社の株式の80%を保有している。

 

この合併会社は、陸・海・空による貨物輸送、海外在宅移転、倉庫保管などのサービスを提供する予定。

 

「地理的に有利なミャンマーは、ASEANの産業拠点と位置づけられるタイとともに、サプライチェーンの重要な部分を占めている。地理的な優位性に加えて、ミャンマーのティラワ工業団地のインフラ整備は、日本企業を含む多くの外国投資を引き出し、合併会社の設立を助けた」とヤマト社は述べた。

 

Thye Tun Ayeが率いるAye International Groupは、物流サービス、トレーディング、人材サービス、製造を提供する。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata