ミャンマー

日本のホテルオークラ、ヤンゴンにホテル開業へ


≪地元メディアの反応≫

日本のホテルオークラは、エーヤーヒンター・グループと共同で「オークラ プレステージヤンゴン」を2020年までに建設することを発表。今後5年間で5つのホテルを開業する予定。

ミャンマー 海外進出 ホテルオークラは、エーヤーヒンター・グループ傘下のYangon Technical & Trading、フジタ、東京建物、日本の海外交通・都市開発事業支援機構と8月にも契約を締結する。

 

このホテルはヤンゴン市内のヤンゴン中央駅近くに建設予定のオフィスやショップからなる複合施設内に開業。総客室数は390室の高級ホテルになる。

 

「日本の官民セクターの協力のおかげもあり、ミャンマー新投資法に基づき、建設しようとしています。私達はホテルオークラの経験と専門知識を生かし、お客様に日本の伝統的なおもてなしを提供していきたいです。今後5年間でミャンマー国内に35つのホテルを開業する予定です。」と、ホテルオークラの荻田敏宏氏は述べた。

 

「オークラ プレステージヤンゴン」には、宴会場、会議室、ダイニングエリア、日本料理レストラン、ラウンジ・バーなどの施設が設けられる。また、シュエダゴン・パゴダを展望できるエグゼクティブラウンジも備える。

 

近年、ミャンマーは約7%の経済成長を記録しており、日本、欧州、米国からの投資が急増している。

 

「オークラ プレステージホテル」は、100軒のホテル運営を目指しており、トルコのカッパドキア、マニラ、プノンペン、サイゴン、バンコク、ハイフォンなど、続々とホテルが開業される。

 

また、ヤンゴンのエーヤーヒンター・グループは、農業、建設、貿易、ホテル経営などにも関心を寄せているようだ。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata