インド

ニューデリーに日本式カレーを提供するレストラン登場


≪地元メディアの反応≫

ニューデリーでは、日本式カレーを提供するレストランが好調、顧客数が増加している。

海外進出 インド

インディラ・ガンジー国際空港に近いニューデリーの新興商業地区のフードコートに、TOKYO TABLEという日本食レストランがオープンした。他の日本食レストランとは異なり、日本のカレー料理を強調している。

 

多くの日系企業がレストランの近くにオフィスを置いているが、顧客の約半数はインド人だとレストラン関係者は語った。

 

セットメニューの価格は、250ルピーから提供。他の地元のレストランに比べわずかに高い。しかし、急速な経済発展の中で外国料理に興味を持ったインド人の間では、TOKYO TABLEの人気は高まっている。

 

「日本のカレーはトマトを含み、インドのカレーよりマイルドな味わいが楽しめます。」とTOKYO TABLEの運営者は述べた。

 

「インドは宗教上の理由から、菜食主義者が多いです。顧客の食欲を引き付けるため、野菜を煮込んで肉のような味と香りを作りだしています。」

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata