インド

日本のパナソニック、インドのモバイル市場でシェア5%を目指す


≪地元メディアの反応≫

パナソニックは、急成長を遂げるインドの携帯電話市場で、今後3年間のうちに少なくとも5%のシェア獲得を目指していることが分かった。

【インド】日本のパナソニック

現在の会計年度で25%の成長を記録した。そのうち12%は携帯電話事業からの収益。

「私達は、モバイル市場で約2%のシェアを持っています。今後3年間で約5%まで市場シェアを拡大していきたいです。」パナソニックインド、南アジア社長兼CEO マニッシュ シャルマは述べた。

 

同社は、モバイル市場の中間価格層である8,00015,000ルピーの携帯電話をターゲットにしていると付け加えた。

 

シャルマ氏によると、携帯電話事業は急速に拡大しているため、今後3年間で貢献度は2倍以上になるだろうと述べた。

 

「携帯電話事業は依然として小規模ですが、今年の終わりにはインド市場の収益は12%になり、今後も高まっていくだろうと予測しています。」

 

シャルマ氏は製品の拡大について、「大きな変化が起こっています。製品ポートフォリオだけでなく、ポジショニングや製品も大きな変化を見せています。」と語った。

 

パナソニックは一度に約11ものアイテムを導入し、16日から7日にかけて新モデルも導入すると付け加えた。

 

Trans by Mai


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata