イギリス

損保ジャパンが英国ロイズ保険会社キャノピアスを買収


≪地元メディアの反応≫
英国ロイズ保険会社キャノピアス(以下:キャノピアス社)は株式会社損害保険ジャパン(本社:東京、以下:損保ジャパン)に1,000億円(約5億9,600万ポンド)で買収されるという。アジアの損保会社である損保ジャパンは海外事業の拡大を目指し、競合企業である東京海上、そしてMS&ADに立ち向かっていく。
イギリス 海外進出

 

損保ジャパンは、ヨーロッパ、アメリカ、バミューダ、シンガポール、そしてオーストラリアで事業展開をするキャノピアス社の幹部を含む560人を雇用。そして、欧米市場強化に向け、キャノピアス社の強みである再保険や海上保険などの専門性の高い分野においても協力強化を図っていく。

 

キャノピアス社は5億ポンド(約856億円)の財源を保有、また、利益は2012年3,500万ポンド(約60億円)から2013年4,200万ポンド(約72億円)と業績は順調であることがうかがえる。

 

今回の買収により、東京海上、MS&ADと比べ海外展開が遅れている損保ジャパンは、海外事業強化をしていく基盤固めが出来るかどうかが焦点となりそうだ。(The telegraph)


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata