資源・エネルギー

【資源・エネルギー】豊田通商がアジア・オセアニアで最大の鉱山開発プロジェクトに投資

≪地元メディアの反応≫
日本の総合商社の豊田通商株式会社は、マレーシアのシリカサンド採掘・精製会社であるトレンガヌ・シリカ・コンソーシアム社に20%出資することに合意をした。

豊田通商は、シリカサンドを年間約55万t取引しており、これは日本国内取引シェアの50%を占めている。今回の新たな投資..

【資源・エネルギー】富士ゼロックスがCSR活動を強化、環境に優しいビジネス展開を目指す

≪地元メディアの反応≫
富士ゼロックス株式会社(以下:富士ゼロックス)は持続的な成長が継続出来るよう2007年に改革を行い、CSR活動(企業の社会的責任)に注力するようになったという。現在多くの企業が環境保全に努めており、地球規模の気候変動の脅威に懸念を持っている。その中でも特に富士ゼロックスは活..

【資源・エネルギー】大誠テクノが太陽光、風力発電での交通信号の設置を開始

≪地元メディアの反応≫
ここアメリカNYで多くの学校を横切る「32nd Street West」において、地球に優しい太陽光発電・風力発電で稼動する交通信号が設置された。この15,000ドルする交通信号は、モンタナ州ビリングスに工場を持つ日本の会社によって製造されている。大誠テクノという会社だ。
..

【資源・エネルギー】パナソニック工場でHIT太陽電池の本格生産開始

≪地元メディアの反応≫
2011年12月にパナソニック株式会社によって設立された、パナソニックエナジーマレーシア株式会社(以下:PECMY)は、マレーシアでの太陽電池の生産を本格的に開始した。ケダ州の北西部クリムハイテクパーク工業団地にある工場での年間生産能力は 300MWである。これにより、パナ..

【資源・エネルギー】日本のガス会社が独自の技術でシンガポールに参入

≪地元メディアの反応≫
現在、日本国内のエネルギー資源が不足している。だからこそ、エネルギーを合理的かつ効率的に使用しようと日本の企業は様々な方法を試みている。しかし、今後大きな利益を得るためには海外市場への参入が必至である。

日本の国内市場が飽和状態になることを懸念し、大阪ガス株式会社は、..

【資源・エネルギー】出光興産が東南アジア事業拡大のため、シンガポール事業所を強化

≪地元メディアの反応≫
日本の大手石油精製会社の出光興産株式会社は、シンガポールで、原油および石油製品の取引を増加し、対外貿易を拡大するという。同社の社長月岡隆氏はインタビューで、「ベトナムで新たな製油所を持つことになるため、シンガポール事業所の機能を強化しなければならない。そして、ミャンマー、ラ..

【資源・エネルギー】Tecproは日本の大手企業と提携し、火力発電の最先端に挑む

 ≪地元メディアの反応≫

インドのチェンナイに本部を設けエネルギーシステムの開発研究を行なうTecproは、日本企業の三菱重工メカトロシステムズ株式会社(以下:三菱重工メカトロシステムズ)と契約を結び、火力発電用の塵沈降分離装置(ESP)技術を手に入れる計画だ。

Tecproは、チ..

【資源・エネルギー】ベトナム石油精製工場、出光興産株式会社から9億米ドル調達

 ≪地元メディアの反応≫
日本の出光興産株式会社とそのパートナー企業は、東南アジアにおける増加するニーズにこたえるため、ベトナムのある製油工場に9億米ドルを出資するつもりであるとわかった。

出光興産は、ある声明で、2013年第2四半期に工場建設を始め、2017年から営業運行するつもりだと発表..

【資源・エネルギー】台湾に日本企業約400人が訪問、グリーンエネルギー産業の発展に期待を寄せる

 ≪地元メディアの反応≫
2011年3月11日の東日本大震災の時に温かい支援をくれた台湾に、感謝の気持ちを込めて、ユアサ商事株式会社社長佐藤悦郎氏は、関連企業役員約400人と台湾を訪問し、関係者を宴会に招待した。この会には、台湾政府当局の呉敦義氏も出席し、「台湾にとって日本は2番目の貿易相手国であ..

【資源・エネルギー】パナソニックがマレーシアにソーラーパネル工場を建設

 ≪地元メディアの反応≫
昨今、再生可能エネルギー、特に太陽光発電に対する需要が日々増えていく日本の需要を満たす為、パナソニック株式会社はマレーシア工場でソーラーパネルの生産を開始すると発表している。
ケダ州のクリムハイテクパークに建設中の工場は、300メガワットもの年間生産能力を持っているとい..

			

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata