その他

【その他】パナソニックがベトナム工場を増築、配線器具などの生産能力を2倍に


≪地元メディアの反応≫
ビンズオン省に新しく建設される工場は、今年10月に稼働する予定。
 

パナソニック社は、ベトナム国内の需要や近隣国への輸出増加に伴い、2020年までにベトナムでの配線器具やブレーカの生産を2倍に増やすと発表した。
 
日本のパナソニック社は、ホーチミン市から..

【その他】星野リゾート、海外初の開業となる「星のやバリ」をオープン


≪地元メディアの反応≫
ホテル・リゾート運営を行っている日本企業の星野リゾートは、2017年1月20日、インドネシア・バリ島に「星のやバリ」をオープンした。
「星のやバリ」は、バリ島の高原リゾートウブドに位置し、バリの伝統を感じることができる場所になっている。


 
周囲..

【その他】日本の航空会社ANAがミャンマーで国際線専門航空会社設立、18年に就航へ

≪地元メディアの反応≫
ANAホールディングスはミャンマーで国際線専門の航空会社を設立したことを明らかにした。



ANAは株式の49%を保有しており、残りは地元企業が出資していると片野坂真哉社長がインタビューで答えた。新会社の資本金は15万ドル。
 
国際通貨基金の予想でGDP成長..

【その他】エバー航空、サンリオのキャラクター「ぐでたまジェット」の運航を開始


≪地元メディアの反応≫
エバー航空は、日本の人気キャラクター「ぐでたま」一色となっている特別機の運航を開始した。
機体には「ぐでたま」のイラストが描かれており、機内ではヘッドレストカバー、クッション、機内食、スリッパなどのオリジナルグッズも準備されている。
 
 
この特別塗..

【その他】日本にジャカルタ・スラバヤ間鉄道の改修プロジェクトを提案


≪地元メディアの反応≫
インドネシア政府は、日本を含む外国投資家にジャカルタ・スラバヤ間中速鉄道の建設プロジェクトの打診をした。


 
政府は既存の在来線で片道13時間かかる移動時間を、6時間まで短縮する計画を立てている。
 
ブディ・カルヤ・スマディ運輸相は、日本に鉄..

【その他】損保ジャパンがエンデュランス・スペシャルティを約65億ドルで買収へ


≪地元メディアの反応≫
日本の大手保険会社 損保ジャパンは、エンデュランス・スペシャルティを約65億ドルで買収する見込みだと関係者が明らかにした。


 
日経新聞が今回の買収について報道しており、エンデュランスは、取引について損保ジャパンと協議に入っていると発表。エンデュラ..

【その他】マレーシア-シンガポール間の高速鉄道の受注に向けて、日本が新幹線を売り込み

≪地元メディアの反応≫
日本はクアラルンプール - シンガポール高速鉄道計画の受注の為、ライバル中国に対抗し、51年間の完璧な安全性を示す記録を提示した。
 



 
JR東日本の役員が、新幹線の安全性やメンテナンス記録をマレーシア当局にプレゼンしたと報じられた。..

【その他】日本はシンガポールとマレーシア間の新幹線車両供給を目標としている。

≪地元メディアの反応≫
インドで$15億レール構築をする契約を獲得し中国を破った後、日本はシンガポールとマレーシアの首都間で計画されている高速鉄道路線に日本の新幹線を販売することに照準を合わせている。

日本運輸相のイシイケンイチ氏は取材陣に対し「政府は日立や三菱など重工業に対し新市場を開拓し..

【その他】日本企業がベトナム・ダナン市で続々と新投資プロジェクト開始

≪地元メディアの反応≫
いまベトナムはASEANの中でタイに次いで第二に人気の投資先となっている。
 
「今年に入ってから日本の様々な企業がベトナムで176もの新プロジェクトを進行中である」とJETRO(日本貿易振興機構)ハノイ事務所のカワダアツスケ氏は言う。
 
しかし、また同時に、先週..

【その他】日本の大手保険会社の東京海上はタイでの生命保険事業進出を前向きに検討

≪地元メディアの反応≫
東京海上ホールディングスは海外の経済成長を見込み、タイでの生命保険事業にむけ視察を行なった。

現在タイの経済成長は低迷傾向にあるが、東京海上ホールディングスは、ASEAN経済共同体効果により保険業界の成長の見込みがあると見ているようだ。
その為、近隣諸国との国境を越..

			

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata