ブラジル

日産がリオデジャネイロにエンジン工場を設立


≪地元メディアの反応≫

日産自動車株式会社(本社:神奈川、以下:日産)はリオデジャネイロ州レゼンデにエンジン工場を建設、投資額は約14,000万ブラジルレアル(60億円)、年間20万基の生産能力になるという。2014年上半期の稼働を目指し、ブラジルで生産されている日産車向けのエタノール混合燃料に対応した排気量1,600ccのエンジンを生産する。日産がレゼンデに工場設立を決めたのは、リオデジャネイロ港近くで能力の高い労働力とサプライヤーにアクセスしやすいというのが理由のようだ。

Nissan Announces Engine Plant as Part of New Resende, Brazil Ind

日産CEOカルロス・ゴーン氏はこの新工場について「ブラジル市場の更なる可能性を証明するためのもの」と位置付け「ブラジル市場で競争力を高め、我々が目標とする日本企業では初の市場シェア5%を目指す。そして2016年までにはリーディングカンパニーになる。」と意気込みを語った。

 

また、日産は今年「マーチ」「ヴァーサ」を生産する工場も設立、投資額は約26億ブラジルレアル(1,100億円)に上る。新車市場世界第4位のブラジルで日産が目標とするシェア5%獲得に向けどのような戦略を立てていくのか注目していきたい。

SOURCEamstrans by CHIKA」)


			
		

特集記事

CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
CPM Grec Co.,Ltd. – About Us
masaaki hirata